外貨MMFについて


外貨投資だけど、外貨預金とは何が違うのかを解説

外貨預金と外貨MMFを表にして比較してみました。

外貨預金 外貨建てMMF
取扱機関 銀行 証券会社、銀行など
商品種類 普通預金、貯蓄預金、定期預金など MMF
通貨 米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、タイバーツ、香港ドルなど
※対象通貨数は外貨MMFより多い
米ドル、ユーロ、豪ドル、カナダドル、英ポンドなど
対象通貨数は外貨預金より少ない
預入金額 金融機関や商品による(定期はある程度の預入単位が必要の場合も) 金融機関による(預入単位が比較的小さい)
預入期間 普通預金:無期限
定期預金:1カ月から1年など
無期限
為替手数料 金融機関ごとにことなる(一般的に外貨MMFより高い) 金融機関ごとに異なる(一般的に外貨預金より安い)
税金 利息(源泉分離課税)
為替差益(雑所得)
利息(源泉分離課税)
為替差益(非課税)
換金性 普通預金はいつでも可能、定期預金は中途解約に制限あり いつでも可能

上記を踏まえたうえで、外貨預金に対して、外貨MMFのメリットとデメリットをまとめます。

外貨MMFのメリット

手数料が安い。
少ない額から投資できる。
いつでも売買できる。
為替差益で得した際、税金の面でも有利。

外貨MMFのデメリット

元本保証がない。
為替差益で損した際、税金の面でも不利。

⇒外貨MMF手数料が安く、税金でも優遇されていて、好きな時に売買できる
⇒外貨預金するなら外貨MMFがオススメです。

はじめてのMMF日記


$seolink