外貨MMFについて


外貨MMFって何のことなんでしょう?

金融商品って本当にたくさんありすぎてわかりませんよね。

外貨MMFとは、「Maney Market Fund」の略称で、「ガイカエムエムエフ」と読まれます。外貨MMFは国内で売買できる外貨金融商品の一つであり、主にドルやユーロなどの外貨で運用します。特徴としては外貨預金とよく似ていますが、名前の通りファンド(投資信託)の一種になります。

外貨MMFとは外貨で運用する投資信託

投資方針としては、投資元本(外貨での元本)を維持して、利益を出し続けること目的としています。それゆえ、投資対象は、外国の安全性の高い債券やコマーシャル・ペーパーになります。

過去の運用成績は良好で、外貨を基準にして元本割れをすることはあまりありません。それゆえ「安全性に優れている」と投資専門機関により最高の格付けをもらっているものもあります。元本は保証されていませんが、外貨預金に引けをとらない、安全性を重視した運用が行われています。

この商品は、運用成果に応じて分配金を受け取る仕組みになっています。多くのファンドと同様、「あくまで」運用した成果を投資家へ利益配分するのであり、利回りは事前に約束されていません。過去の一定期間の実績から年換算した利回りが公表されていることが多いので、参考にしましょう。

購入は非常に安易で、土、日と投資信託の休日でなければ、購入、換金す可能ですし、10,000円〜の少額資金から始めることができるお手軽な投資商品です。

他の外貨商品(外貨預金、外国為替保証金取引「fx」)と比べ、税金の面で有利なので、プロの投資家も好んで活用している商品です。

しかし、いいことばかりではありません。いくら外貨での元本割れが少ないといっても、もし、為替変動によって円安になれば、結果的に損をしてしまうこともあります。(逆に円高でかなり儲かる場合も。)

外貨MMFは短期よりは中長期運用向けの商品です。

はじめてのMMF日記


$seolink